メインイメージ画像

医療に関する保険は公的なものと民間のものがあります

体に不調をきたした場合に、医療は、保険と密接な関係にあります。そもそも人々がどこかで医療を受けるとなると、料金の支払いが必ず求められます。つまり無料では成り立ちません。でも、その料金に対する値引きがあります。それが保険なのです。

例えば加入者の負担率が30パーセントの時には、実際に発生する金額に対する3割分の支払いになるのです。それが1000円と仮定した場合、70パーセント分は国などが負担してくれるのです。

ですので、実際に支払うことになる金額は、300円ということになります。とはいえその割合は、状況によって変動するのです。もとより保険は、いわゆる金融商品に該当します。金融関連の商品の大抵は、ほぼ市場の情勢に係るのです。情勢次第では、上記の30パーセントではなく、40パーセントになることもあります。刻一刻と変化しているわけです。また国のルールにも左右されます。



とある国の例では、保険による負担金額は100パーセントです。豪州エリアにある国の1つなのですが、国民の方々の医療費は無料ということになります。ただしそれが無料になるためには、まさに保険に入る必要があるのです。ですので、とどのつまり、医療などは保険とは密接な関連性があるわけです。それと上記のパーセンテージは、商品に反映される一面もあります。もともと保険商品の中には、いわゆる民営機関が提供しているものもあるのです。公共機関からの保険商品に限らず、多くの中でいくらかは民間団体による商品もありますが、毎月の支払い金額などは比較的高めです。

更新情報